HOME

新着情報

株式会社の設立は昔より簡易に手続きできます。

これから何か自分で事業を始める人やすでに個人事業をしている人で今度法人化しようとしている人は会社を設立をして会社を起こします。

そして現在会社の種類は株式会社、合同会社、合資会社、合名会社の4種類あります。そして平成18年5月に会社法が制定される前の旧商法の時代には有限会社という会社形態が存在しましたが、会社法になってからは有限会社は廃止されました。そして会社法が制定される前に設立された有限会社は現在は株式会社として扱われ、名前だけ有限会社という形になっています。

そして会社を設立する場合で、会社の形態は圧倒的に株式会社が多いです。株式会社という名前だとやはりその会社と取引をしようとするときに安心できるにではないかと言えます。

そして株式会社の設立は、会社法が制定されてからは、旧商法の時代よりも簡易に手続きをすることができるようになりました。このため会社の設立に必要の期間もかなり短縮されました。また現在の株式会社の役員などの機関設計は最低取締役1人で株式会社の設立が可能で、この場合は数日で手続きができてしまいます。また会社の創立者である発起人のみが出資金を出資する発起設立では、旧商法時代に必要とされていた出資金を払い込んだことを証明する払込金保管証明書が必要ではなくなったことも、早く会社設立手続きが可能となった要因です。